昼の着付教室とその後の母。

今日は14時から昼の着付教室がありました。
お天気が悪いのにもかかわらず、それなりの人数の受講生がいらしたので私もお手伝いしました。
本来は着付けの先生がいらっしゃるのでおまかせなんですが、受講生の中に3月におよばれで訪問着を着る方がいらしたので、その方を先生が重点的に教え、私は他の方に結ばなくてもお太鼓ができるやり方を伝授していました。
そうしたら、ちょっとだけ年配の受講者の方が『このやり方は素晴しい!結ばないのにちゃんとお太鼓ができるなんて!』と感動してくれ、何度も何度も手順をお教えしてさしあげました。
おかげでめっちゃ疲れました。(笑)
まあでも心地よい疲れです。
これでまた着物を着る機会を増やしてくれるといいなって思いました。

そうそう母のことですが。
検査のため入退院して、家に戻ってきてから調子が悪かったんです。
リューマチも痛むし、なんだかだるくて食欲もなくて。
確かにカテーテル検査って、動脈に細い管を入れて造影剤を流し込んで検査するから身体が違和感を感じるのは仕方がないと思うのだけれど。
健常者よりずっと弱くなっている母には酷なのかもしれません。
この検査は近い将来腰の手術をするにあたり、心臓に負担が無いかどうかを確認するためのものだったけど、検査だけで不調になるとなると、ちょっと手術は躊躇してしまいますね。
なので火曜日に救急棟にかかりました。
いろいろ検査した結果、ばい菌の混入の可能性があるとのことで、その点滴と、全く食欲がわかず飲まず食わずで吐いていたのでポカリスエットもどきの点滴をやってもらいました。
そして1日おかゆとポカリスエットのみで過ごし、木曜日は2ヶ月に1回の母の定期健診日。
いや~、改めて思うけど病院って疲れますね。
健常者の私でも1日いただけでぐったり。
母なんてテキメンです。
内科2箇所(心臓・リューマチ)と整形(ヘルニア)、耳鼻科(メニエール)の計4箇所を受診しまして血液検査やらレントゲンやらを全て終えてあと薬をもらうだけとなったら母が。

おえ。

ってまた吐きまして。
また調子悪くなり。
薬を早急にできるよう手配してもらって介護タクシーを呼んで家に連れて帰ってきてすぐ寝かせました。
そして1日ゆっくり休ませて。
昨日は吐かずにいてくれて、夕べはおかゆを小さい茶碗1杯分食べてくれました。
今日も途中姪にメールをして様子を聞いたら吐かずに少量だけどご飯も食べて、今は飼い猫とよく寝てるよって。
やっとひと安心かな。
やっぱり気持ちの問題もあったのかもしれませんね。
カテーテルとはいえ、身体に異物を入れられるんですものね、おかしくもなりますよね。
病院にいるより家にいるほうが気持ちが安定するのでしょう。。。
皆さんにもご心配おかけしてスミマセンでした。

めげずに介護、頑張ります。

今日の1曲
「上を向いて歩こう」 坂本九

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント